2016年3月20日日曜日

シャボン玉 Ex31「ファを追加するフレーズ」



ペンタトニックだけを使っていると、なんかメロディックな感じにしたいな-と思ってしまうときもあります。ときどき中指も使ってみようかなーと適当に押弦すると、どえらい響きになって数秒ドキドキします。

適当に左手を動かして、アドリブがすごくうまくいく人は全く問題ないのですが、なかなかそうも行かない感じなのであります。

そこでとりあえずドレミファソラシドのファをペンタトニックに復活させるという感じで、2弦に中指のところにくるファを使う練習です。


コード進行的にはサブドミナントのFコードがくると使える感じですね。Fの構成音はファ・ラ・ドですからね。ルート音でピタリときます。


教本にも書いてあるんですが、「ペンタトニック」が主で、中指は使う使わないは「意識を持って使う」ことが大事だそうです。


ギターのペンタトニックは主に人差し指と薬指で演奏できます。ギターのメロディは人差し指と薬指を基準に考えたほうが良さそうです。中指をどんどん使っていくと、それだけペンタトニックではない音を出すわけですから、複雑な和音になってしまうわけですね。

まずはペンタトニックで適当に弾ける感じになってからで、BOX(©いちむらまさき)の中では安易に中指は使わないぞと考えなおしました。。