2016年10月13日木曜日

コンター加工

エレキギターには、「コンター」加工がなされている。ボディ部分の木がえぐられるように削ってあり、体に沿うようになっている…

「体に沿う」ための加工が、全員の体に沿っているのかという疑問がわいてきた。

ストラトはエレキギターの改良版として開発された。こういう姿勢で弾くと好ましいということで、メーカーが最初から削っているわけである。そんなに考えもなく削っているわけではないだろう。削るのも手間である。

コンターがつけられたのは、前腕の動きの妨げにならず疲れないためのものなのか、それとも、トーンを良くするために姿勢強制装置として考えられたものなのか。

かなり気になっている。一応メーカーでもコンターの感じは違うのかもしれないし。