2016年4月12日火曜日

歌えば弾ける弾けば歌える Ex39 Backing



赤本のEx39はゆっくりめのポップな感じになります。あとCDをよく聴くとアコースティックギターの音が入っているようです。こちらもアコースティックギターを弾くことにしますw

アコースティックギターは「コード」を響かせようとすると、個人的にはけっこう難しい楽器だと思います。左手は固めの弦をしっかり押さえていなくてはならないし、右手も迷いがあってはいけない気がしております。スパっと思い切って弾く必要があるということです。ファンクギターのようにチョロチョロっと弾いていてはいけないのですw

いったん何も考えずに演奏したものを録りましたら、コードチェンジがあって左手が難しくなるときに、右手の弦をかき鳴らす速度がゆっくりになってしまっていました。

初心者の陥りがちなところで自分も引っかかっていたなと感じました。やはりアコギとエレキと両方のギターを練習するとわかることもあるなと思います。

テイク2では、ギターのボディの端から端までしっかり右手を動かしてピッキングをするということに気をつけました。意識的には右胸の前から右太もものあたりまで大げさに一定にピッキング動作をしているつもりです。

アコギこそ速くピッキングしないとうまく響いてくれないのでなかなか大変です。でも大きく動かすだけでかなり改善した気がするからうれしい。

エレキにくらべるとアコギはボディが厚いので、ネックに近いところをピッキングしてしまいがちです。もっとサウンドホールのあたりを的確にピッキングできるようになりたいです。