2016年1月28日木曜日

テレの独特の太さを再確認

久しぶりに器材点検をしました。

テレキャスターのシールドを刺すところがゆるんでいたので、増し締めしました。

音をチェックするために、久しぶりにアンプにつなげて音の感じを確認しました。

再確認にも近いことなですが、テレキャスターは独特な骨太な音がする。細い音質なんですが、アンプから鳴り出す音はなかなか耳に届きやすい。しかし下手に録音すると普通に細いシングルコイルの音になってしまう不思議。

自分はこれまでテレキャスターを練習にメインで触ってきたので、ストラトのシャキッとした独特な軽快さにまだ慣れません。

器材の固有差なのかもしれません。段々と慣れていくものなのかもしれません。